ETCカードの申し込みは年会費無料で比較するについて

ETCカードの申し込みは年会費無料のカードを比較してからのほうがお得です。割引のあるETCカードもあるので、よく検討してから申込しましょう。

ETCカードの申し込みは年会費無料で比較する新着エントリー

ETCカードの比較ポイント

ETCカードは、ETC(Electronic Toll Collection System=自動料金収受システム)を利用するのに必要なカードです。ETCは、高速・有料道路の料金所ゲートに設置したアンテナと、車両に装着した車載器との間で無線通信を用いて自動的に料金の支払いを行い、料金所をノンストップで通行することができるシステムです。ETCを利用すると、通行料金を後払いで精算するため、クレジット会社の発行するETCカードが必要になります。

ETCカードは個人、法人のどちらでも取得できます。またETCカードを持っていると、ETC車載器が取付けられた車であれば、どんな車でも自分のカードで料金を精算することができます。つまり車の所有者でなく、ETCカードの名義人が料金を支払うことになります。

ETCカードには一般のクレジットカード機能が付いたものと、ETCカード専用のものがあります。

クレジットカード一体型ETCカードは、ETCカードとして使えるだけでなく、一般のクレジットカードとしても利用できるカードです。1枚のカードでETCカードとクレジットカードが兼用できるので、何枚もカードを持つ必要がなく便利ですが、万が一、紛失や盗難の時に被害が大きくなる可能性があります。

ETC専用カードは、ETCによる通行料金の精算以外には利用できないETCカードです。クレジットカード一体型ETCカードとは反対で、ショッピングなどの支払いはできないので、別にクレジットカードを持つ必要がありますが、紛失時などの被害は最小限に抑えることができます。

ETCカードを車載器に差しっぱなしの方を見かけますが、これは危険です。最近は車上荒らしが多発しており、車内にETCカードが置いていると、防犯上危険です。ETCカードは、ある意味クレジットカードと同じ性質を持っていますので、盗難に遭うと悪用される可能性があります。

盗難だけでなく、車内の温度についても注意しましょう。夏場の車の中はかなりの高温になります。そのまま置いておくと、ETCカードに悪影響をおよぼし、データエラーの原因となることもあります。

ETCカードはとても便利ですので、自分専用のETCカードを作ってみましょう。ETCカードの申込み方法は簡単です。自分の用途にあったETCカードを選び、各ETCカード会社のサイトから必要事項を入力し、申込みを完了させます。カード会社での審査が通ると、ETCカードがご自宅に送られてきます。ETCカードが届いたら、その日からそのカードを使って高速料金を支払うことができます。

実は、ETC車載器がなくてもそのETCカードで支払うことができます。一般レーンに進入して、係員に通行券とETCカードを渡すことで、料金をETCカードで支払うことができます。ETC車載器を持っていない方もぜひETCカードを使ってみてくださいね。年会費無料のETCカードもたくさんあります。また高速料金をETCカードで支払うと、ポイントが貯まる、とってもお得なカードもあります。


ETCカードの申し込みは年会費無料で比較するカテゴリー項目一覧

ゴルフ練習場 クリーニング ガーデニング データ修復 パソコン教室